東京都教育委員会 都庁公式モバイル
乳幼児期の子供の教育支援プロジェクト

■目次(トップページ)へ


乳幼児期からの食育 ~楽しく食べる子供に~

成長・発達の過程にいる子供は、授乳期から毎日「食」に関わりながら育っていきます。

授乳期には心の安定とともに食欲が育まれ、離乳食で少しずつ食べ物に親しみ、味覚やそしゃくの発達に合わせて味わって食べ、幼児期に生活のリズムとともに食事のリズムができ、いろいろな食べ物に好奇心を持ち、生活の様々な場面で食に関わるようになります。

子供の頃の食との関わりは、生涯を通した食生活、行動に影響を与えます。健やかな心身を育み、生涯にわたって健康で質の高い生活を送るための基本としての「食べる力」を家庭で育むために、乳幼児期の食を大切にしてください。

《メニュー》

■「楽しく食べる子供」に成長するための5つの目標

★はじめに
1.食事のリズムが持てる子供
2.食事を味わって食べる子供
3.一緒に食べたい人がいる子供
4.食事作りや準備に関わる子供
5.食生活や健康に主体的に関わる子供


■乳幼児期はこんな「食べる力」を育てよう

はじめに
1.授乳期・離乳期
(1)安心・安らぎの中で飲む、食べる
(2)五感で味わう
2.幼児期
(1)お腹が空くリズムを持つ
(2)食べたいもの・好きな物を増やす
(3)家族と一緒に食べることを楽しむ
(4)食事のマナーを身につける
(5)よく噛んで食べる
(6)いろいろな食品に親しむ


サイトについて
個人情報について
問合わせ
お友達に教える

東京都教育庁地域教育支援部
生涯学習課
〒163-8001
東京都新宿区西新宿2-8-1
電話:03-5320-6859

(C)2009-2014
東京都教育委員会
All rights reserved.